ホーム » 体臭 » 自分のニオイが30歳を過ぎてから気になり始めました

自分のニオイが30歳を過ぎてから気になり始めました

30歳を過ぎてから自分の体臭が気になり始めました、私の体験談を紹介します。他にも30歳を過ぎた頃から、自分の体臭が気になって来た人はいるのではないでしょうか。
20代の頃は特に自分の体臭を意識した事はなかったと思います。
汗をかいた時は勿論それなりに気を使っていましたが、冬場などは何もしていませんでした。

しかし30代に入ってから自分の体臭の臭いが今までとは違ってきたのを感じました。
うまくは言えませんが爽やかさがなくなった様に感じました。
出産した事も、もしかしたら何か影響があるのかなあと思ったりはしていましたが、現在に至るまで改善はしていないので、もしかしたら、自分も加齢臭がやって来たのかなあと不安になります。
コロンやデオドラントなどを使用しても長くは持続しないように感じてからは、外出先にも必ず持って行って、お手洗いなどに行った時には振りかけています。
そして汗をかいた時も、今まではもう少し時間がたってから汗の臭いを自分で感じていましたが、今ではすぐに汗の臭いが気になる様になってしまいました。
友達にこの話をした時に、友達も同じ様な事を言っていました。
今までつけていたコロンを使用しても、何だか違うコロンをつけているように感じ出したから違う物に変えたと言っていました。
そうする事もできないかもしれないので、気になる時はコロンやデオドラントなどを上手く使って行きたいと思っています。